|企業情報|

健康企業宣言

「社員一人ひとりの幸せの総和が企業価値」を事業目的として宣言し、
物心両面の一方である健康面も含め、常に社員が幸せに働ける環境づくりを追求しています。

2018年度の各種認定・受賞
経済産業省健康経営優良法人(中小規模法人部門)
健康企業宣言東京推進協議会健康優良企業認定(銀)

2018年2月に経済産業省と日本健康会議が共同で実施する健康経営優良法人認定制度」において、健康経営に取り組む優良な法人「健康経営優良法人2018」に認定を受けました。

心身ともに社員の健康向上を目的とした取り組み

社内に健康増進協議会を設置し、社員の心身とも健康向上のため様々な取り組みを行っています。例えば、自分の体を知るきっかけにしてほしいという会社の思いから、スポーツジムと提携の上、社内において「健康測定会」を年3回実施したり、ワークライフバランスに配慮し、就業終了から開始までのインターバルは必ず12時間以上のフリータイムを設けています。その推進のため、20時になると「PCが強制的シャットダウン」する取り組みを実施しています。

■ 健康増進のための取り組み(一部)

  • 20時PC強制シャットダウン
    20時以降は残業不可
    12時間インターバルを強制的に確保
  • 健康診断の実施
    人間ドック並みの診断内容
    提携病院により定期的にチェック
  • 健康研修
    全社員必須参加でベジファーストなどの
    食事研修を実施
  • ウォーキング促進
    目標一日一万歩
  • InBody&体力測定の実施
    年3回実施
  • スポーツクラブ法人会員
    全社員自宅近くのスポーツクラブを
    ワンコインで利用可

(その他)

  • ・インフルエンザ予防接種
    提携病院の医師と保健師が来社し、
    全社員が接種
  • ・産業医による健康指導
    食事改善・運動促進など
    生活改善プロジェクトの実施
  • ・メンタルヘルス研修
    専門家によるセルフケア研修
    ラインケア研修の実施

社員の健康増進を推進するため、さまざまな取り組みが企画され実践されています。